闇を飛びまわる害獣【コウモリ駆除はプロにお任せあれ!】

2人の女性

注意するべき点

笑っている作業員

もし、個人でコウモリ駆除を行う際には気をつけるべきことが複数あります。それらを守っていれば、駆除の際に2次被害を被る心配が少なくなります。また、2次被害に対する対策方法も自ずと構築出来るのは間違いありません。万全の体制でコウモリ駆除に望むためには気をつけるべき点を熟知しておきましょう。こちらのページでは、主にどのような事を注意すればいいのかを明確に記載致します。個人的に駆除をしたいな、参考にしていただけるとありがたいです。

コウモリ駆除では、弱った個体を発見してもむやみに素手で触らないようにしましょう。害獣と言っても野生動物なので、何かしらの病原菌を持っている可能性が高いものです。もし、触れてしまったら何かしらの疾病を発症させるリスクが高いので、トングやゴム手袋を装着して間接的に触れる準備をしましょう。また、元気なコウモリを発見しても、罠で捕獲したり、殺したりしてはいけません。コウモリも鳥獣法で保護されている対象の動物です。自治体に無許可でコウモリ駆除を行ってしまうと、何かしらの処罰が遂行される恐れがあります。事前に役所で、申請書の記入を徹底しましょう。仮に、屋根裏に潜んでいる個体を見つけても、近づかない方が賢明です。病原菌は勿論ですが、ダニやノミを大量に不着させているので、皮膚の痒みなどの炎症に悩まされるリスクが高まります。姿を見ないでコウモリ駆除をしたいなら、出来るだけ、忌避剤を使用しておきましょう。屋内にいなくなったら、出入口付近に嫌いな臭いを放つ忌避剤を散布しておけば近寄らなくなります。